ゴンザレスの備忘録

お金を増やす方法「IPO」「仮想通貨」「ブログ」「不動産投資」、マインドを発信!

Youtuber(ユーチューバー)で年収を作る。

f:id:gonzales1919:20200301153905p:plain

 

2020年の年初記事で発表したようにYoutubeを始めました。

www.gonzales.tokyo

 

今後5G(ファイブジー)の世の中が来ることを考えると、テキストベースの発信ツールに加えて、動画ベースの発信ツールもスタートしておくべきです。

www.gonzales.tokyo

 

そこで今回は

Youtubeの始め方」を順を追って解説します。

 

Youtubeチャンネル開設までは一般的な解説をします。

それ以降は、私のチャンネルのようにゲーム画面を収録する方法を解説します。

iphoneなどで撮影をする場合は、開設したチャンネルに動画をアップロードするだけです。)

www.youtube.com

 

 

目次

 

 

Googleアカウントの取得

Youtubeチャンネルを作るには、Googleアカウントを持っている必要があります。

Googleアカウントを持っている場合は「Youtubeチャンネルの開設」に進んでください。)

 

まずはブラウザで「Youtube」を検索し、Youtubeサイトへ移動します。

f:id:gonzales1919:20200301034428p:plain

 

Youtubeサイト右上から「ログイン」をクリックします。

f:id:gonzales1919:20200301034712p:plain

 

Googleアカウントを持っていない方は「アカウントを作成」をクリック。

f:id:gonzales1919:20200301034848p:plain

 

画面の指示に従ってGoogleアカウントを作成します。

 

 

Youtubeチャンネルの開設

ここまでで、Googleアカウントが取得できているはずです。

 

Googleアカウントの取得」と同様にYoutubeサイトに行き、「ログイン」をクリックします。

 

そして、Youtubeチャンネルと紐づけるつもりのGoogleアカウントでログインします。

 

ログインしたら、右上のアカウントアイコンをクリックし、ドロップダウンメニューの「設定」をクリックします。

f:id:gonzales1919:20200301035654j:plain


「チャンネルを作成する」をクリックします。

f:id:gonzales1919:20200301040952p:plain

 

指示に従い、「チャンネルを作成」をクリックします。

f:id:gonzales1919:20200301041526p:plain


これでチャンネルが作成され、動画をアップロードしたりライブ配信できる状態になりました。

f:id:gonzales1919:20200301042049p:plain

 

 

ゲーム画面をPCに取り込む

機材の準備

Youtubeに動画をアップロードするには、PCに動画を収録する必要があります。

 

Nintendo Switch(スイッチ)を例に説明します。

 

※ちなみに、Switch Lite(スイッチライト)ではゲーム画面をPCに取り込むことができません。

※PCにゲーム画面を取り込むには、後ほど紹介するキャプチャーボードが必要で、ここにスイッチからHDMIケーブルにて映像・音声を入力するのですが、スイッチライトではHDMIケーブルで映像・音声を出力することができません。

 

スイッチの画面をPCに取り込むにはキャプチャーボードを使います。

 

私は、AverMedia Live Gamer EXTREME2 GC550 PLUSを購入しました。

 

キャプチャーボードから取り込んだゲーム画面をPCで収録するために、「OBS Studio」というソフトをPCにインストールします。

OBS Studio公式サイト

 

公式サイトにて、使用するPCのOSに合わせてソフトをインストールします。

(以下では、Windowsを選択)

f:id:gonzales1919:20200301045631p:plain

 

すると、インストーラーがダウンロードされるので、インストーラーをダブルクリックして起動します。

f:id:gonzales1919:20200301045842p:plain

 

 コンピュータへの変更を与えるか云々の確認が出ますが構わずOKします。

 

Next

f:id:gonzales1919:20200301050048p:plain

 

I Agree

f:id:gonzales1919:20200301050150p:plain

 

Next

f:id:gonzales1919:20200301050245p:plain

 

Install

f:id:gonzales1919:20200301050432p:plain

 

Finish

f:id:gonzales1919:20200301050601p:plain

 

いいえ

f:id:gonzales1919:20200301050739p:plain

 

OK

f:id:gonzales1919:20200301050914p:plain

 

インストール完了です。

OBSは右上ペケで閉じて大丈夫です。

 

 

各種設定

GC550(キャプチャーボード)をUSBでPCと接続します。

すると、「準備が完了しました」的な文言が現れますが、まだキャプチャーボードは使えません。

・ドライバーをインストールする必要があります。

 

バイスマネージャーを確認すると以下のようにCG551のアイコンにビックリマークが付いています。

f:id:gonzales1919:20200301114400p:plain

 

以下のサイトからドライバーをダウンロードします。

AVerMedia

 

2020年3月1日現在では、リンク先のページの下の方にドライバーのダウンロードボタンがありました。

f:id:gonzales1919:20200301115007p:plain

 

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックで起動します。

f:id:gonzales1919:20200301115139p:plain

 

 「変更を加えますか?」的な問いかけにはOKします。

 

インストール画面が立ち上がり、何か聞かれますが、OKします。

f:id:gonzales1919:20200301115544p:plain

 

インストールが進みます。

f:id:gonzales1919:20200301115608p:plain

 

インストールが完了すると、デバイスマネージャーのビックリマークは無くなり、

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2が認識されます。

f:id:gonzales1919:20200301120111p:plain

 

次に、もう一度以下のページに行きます。

AVerMedia


先ほどのドライバーと同じあたりに「RECentral」というソフトウェアがあるのでこれをダウンロードします。

f:id:gonzales1919:20200301120702p:plain

 

RECentralのインストーラーを起動します。

f:id:gonzales1919:20200301120819p:plain

 

 

すると、下記のようなポップアップが出るかもしれません。

DirectXを先にインストールしてください、という旨です。

※出ない場合はスルーしてください。

f:id:gonzales1919:20200301121101p:plain

 

OKすると下記のような画面が立ち上がるので「同意します」にチェックして「次へ」。

f:id:gonzales1919:20200301121219p:plain

 

Bingバーは不要なのでチェックを外して次へ。(チェックが入っていても支障はありません。)

f:id:gonzales1919:20200301121422p:plain

 

「次へ」

f:id:gonzales1919:20200301121550p:plain

 

インストールが進むのでしばし待ちます。

f:id:gonzales1919:20200301121654p:plain

 

「完了」

f:id:gonzales1919:20200301121851p:plain

 

脱線しましたが、今一度RECentralのインストーラーを起動します。

※上記でDerectXが既にインストールされていた場合はすんなり下記に進んでいるはずです。

f:id:gonzales1919:20200301122132p:plain

 

インストールウィザードが起動するので「次へ」。

f:id:gonzales1919:20200301122255p:plain

 

「RECentral向上の目的で、使用状況に関する情報を匿名でAVerMediaに送信することに同意します」は送信しなくてよいのでチェックを外して「次へ」。

(チェックが入っていても問題ありません。)

f:id:gonzales1919:20200301122511p:plain

 

「次へ」。

f:id:gonzales1919:20200301122620p:plain

 

 「終了」。

※PCが再起動するので他のソフト等が起動している場合は終了しておいてください。

f:id:gonzales1919:20200301122855p:plain

 

OBS Studioを起動し、ソースの+マークから映像キャプチャデバイスを選択しGC551を追加します。

f:id:gonzales1919:20200301124221p:plain

 

OKを選択します。

f:id:gonzales1919:20200301124402p:plain

 

バイスをAVerMedia GC551 Video Captureにします。

f:id:gonzales1919:20200301124529p:plain

 

これでゲームの映像・音声をPCに取り込むことができました。

f:id:gonzales1919:20200301125606p:plain

 

自分の声を混ぜたい場合はPCのマイク入力から混ぜられます。

音量はOBS Studioの音声ミキサーで調整できます。

 

あとは、OBS Studioの画面から直感的に操作できると思います。

 

私の詳細な設定等は別記事で共有します。