ゴンザレスの備忘録

お金を増やす方法「IPO」「仮想通貨」「ブログ」「不動産投資」、マインドを発信!

楽天電気~キャンペーンも利用して固定費削減~

f:id:gonzales1919:20200717223018p:plain

毎月の固定費の中で、電気代は大きな割合を占めます。

 

楽天会員のあなたには楽天でんきをおすすめします。

 

固定費は積み重なると大きいので、早めに削減を考えましょう

 

 

 

楽天電気とは

楽天グループの楽天モバイル株式会社が小売り電気事業者として提供する電気の契約サービスです。

 

楽天電気の特徴

  • 基本料金が0円
  • 離島を除く全国で利用可能
  • 契約期間、初期費用、解約金は無し

 

楽天電気の料金

主に、個人・家庭向けのプランSについて料金表を示します。

  基本料金 従量料金(税込)
北海道電力エリア 0円 30.00円/kWh
東北電力エリア 26.50円/kWh
東京電力エリア 26.50円/kWh
中部電力エリア 26.50円/kWh
北陸電力エリア 22.00円/kWh
関西電力エリア 22.50円/kWh
中国電力エリア 24.50円/kWh
四国電力エリア 24.50円/kWh
九州電力エリア 23.50円/kWh
沖縄電力エリア 27.00円/kWh

 ※他には、事業者向けのプランM、動力プランがあります。

 

 

楽天電気のメリット

  • 楽天ポイントが貯まる、使える
  • 安い
  • 申し込むだけで2000ポイントもらえる
  • WEBで申込が完了

 

電気料金200円につき楽天ポイントが1ポイント貯まります。

 

また、楽天カードで支払うとさらに100円ごとに1ポイント貯まります。

www.gonzales.tokyo

 

料金が安いかどうかは以下で関西電力と比較します。

 

WEBで申込が完了しますし、楽天ポイントが2000ポイントもらえます。

楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

 

 

 楽天電気のメリット

  • 高くなることもある
  • 20A以下は申し込めない

 

電気料金が高くなる可能性については以下で関西電力との比較で示します。

 

現在20A以下で契約している場合は、電力会社に30A以上に変更してもらうことで楽天でんきへの切り替えが可能になります。

 

 

 

関西電力との比較

関西電力エリアにおいて、関西電力を利用した場合と楽天でんきを利用した場合について料金を比較します。

 

関西電力の家庭向けプランの従量電灯Aを比較対象とします。

楽天でんき(プランS) 関西電力(従量電灯A)
基本料金 1kWhあたり 基本料金 1kWhあたり
0円 22.50円/kWh 341.02円 15kWhを超え120kWhまで 20.32円
120kWhを超え300kWhまで 25.8円
300kWh超過分 29.29円

 

 この条件をもとに、使用電力量と料金の関係をグラフ化してみます。

f:id:gonzales1919:20200717224440p:plain

  • 17kWhより少ない場合は楽天でんきがお得。
  • 17kWh以上で189kWhより少ない場合は関西電力がお得。
  • 189kWh以上は楽天でんきがお得。

 

※電気料金=基本料金+電力量料金+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金ですので上で示した料金には多少の誤差が含まれます。

 

このように、場合によっては楽天でんきの方が高くなることもありますが、1ヶ月に189kWh以上使う家庭では楽天でんきの方が安くなります

 

 

私の場合(1人暮らし、楽天でんきプランS)

過去数ヶ月、私の使用電力量と電気料金を確認します。

利用月 使用電力量 電気料金
2019年8月 252kWh 6,405円
2019年9月 208kWh 5,247円
2019年10月 197kWh 4,944円
2019年11月 150kWh 3,836円
2019年12月 338kWh 8,629円
2020年1月 457kWh 11,644円
2020年2月 468kWh 11,886円
2020年3月 416kWh 10,557円

2019年11月のみは、関西電力を利用した方がお得だったことが分かります。

 

一人暮らしでこのような結果ですから、おおよそどの家庭においても楽天でんきを使う方がお得だと考えられます。