ゴンザレスの備忘録

お金を増やす方法「IPO」「仮想通貨」「ブログ」「不動産投資」、マインドを発信!

【海外不動産投資】フィリピン不動産購入の書類【英語翻訳】

f:id:gonzales1919:20191105075807p:plain


今回は、前回記事で紹介したフィリピンのコンドミニアムの購入書類について、英語で書かれていましたので日本語に翻訳します。

www.gonzales.tokyo

 

海外不動産を検討する場合には、同じような書類に対峙することがあると思いますのでこの記事を確認することで手早く書類を解読することができるはずです。

 

また、書類が英語である点がやはり日本人にはハードルが高い気がします。

 

目次

 

 

書類の写真

以下の写真が、書類の一つです。

「お部屋を確保した証明書」という言い方で受け取ったものですので、正式な不動産所有権を証明するものではない気がします。

f:id:gonzales1919:20191105074953j:plain

 

文字が鮮明でなく見えずらいとろこもあると思いますが、上から順番に日本語に翻訳していきます。

 

 

冒頭

ACCOUNT TYPE(:取引種別)が3つあり、

・Regular Account・・・標準の(取引)

・Corporate/Affiliate/Offsetting Account・・・企業/団体/相殺取引

・Joint Buyer Account・・・共同購入(取引)

私は、Regular Accountにチェックされています。

つまり、一個人のごく普通の取引ということですね。

 

相殺取引とは、A社とB社の間で互いに借金をしていたりする場合に、一部を相殺するようなことを言うそうです。物件の取引に言い換えると、銀行ローンの返済が滞って担保としている物件を没収されるようなことを言うのでしょうか。

 

共同購入とは恐らく複数名の連名で物件購入することを言うのでしょう。

 

BUYER CLASSIFICATION(:買い手の分類)は、

・New Buyer・・・ご新規さん

・Repeat Buyer・・・リピーター

とあり、私はNew Buyerに分類されています。

 

リピーターとは、この不動産仲介業者を通して過去にも物件の購入をしたことがある人のことです。

リピーターの方が物件を少し安くしてもらえたり等があるのでしょうか。

 

PAYMENT TERMS(:支払い条件)は、

・Cash・・・現金支払い

・Direct Bank Financing(Accredited Banks only)・・・直接銀行融資(認定銀行のみ)

・In-House Financing・・・企業内融資

・In-House Financing with Intent to Convert to Bank Financing・・・銀行融資への切り替え意図を含んだ企業内融資

のうち、Direct Bank Financing(Accredited Banks only)にチェックが入っています。

 

支払いは、指定された日本の銀行への振り込みで行いましたが、直接銀行融資の扱いとされています。

特にローンを組んだりはしていないのですが、このような扱いになっています。

仲介業者へ間違っていないか(Cashではないか)確認の必要がありそうです。

 

In-House Financingは、ざっくりと言えば、自分が所属している会社からお金を借りるというイメージでしょう。

また、In-House Financing with Intent to Convert to Bank Financingは、将来的には銀行ローンに切り替えるつもりでひとまず所属する会社にお金を負担してもらっているという感じでしょう。

 

For repeat buyers, please specify details of any/most recent acquired 〇〇 property for verification.

リピーターの場合は確認のために、最近または一番直近で購入した○○社の物件を詳細に記述してください。

PROPERTY NAME・・・物件名

BUILDING NAME・・・ビル名

UNIT NAME・・・部屋名

私は新規の客なので未記入です。

 

 

RESERVATION AGREEMENT(予約契約)

やはり、この書類は「お部屋を確保した証明書」のようですね。

予約契約ですからね。

 

DATE OF RESERVATION・・・予約日

PROJECT / PROPERTY NAME・・・プロジェクト名/物件名

UNIT / LOT NO.(with or without house) / PARKING SLOT NO. ・・・部屋名 / 地番(家の有無にかかわらず)/ 駐車場番号

AREA(in sqm., more or less)・・・範囲(大体平方メートル)

LIST PRICE・・・定価

 

CONTRACT INFORMATION(契約情報)

記載位置からして、予約契約の詳細情報といったところでしょうか。

 

Please answer all fields accurately, and write legibly and clearly.

The provided information shall be the basis of your Contract to Sell and Deed of Absolute Sale.

Items marked with an asterisk(*) must be accomplished completely.

If not applicable, please write NA.

すべてのフィールドを正確に埋めてください。はっきりと読みやすい字で書いてください。

提供された情報は、あなたの仮契約(Contract to Sell)と売買契約書(Deed of Absolute Sale)の基礎となります。

アスタリスクが付いた項目は、すべて記入が必須です。

該当しない場合は、NA(No Answer:回答無し)と書いてください。

 

・CLIENT FULL NAME / COMPANY REPRESENTATIVE FULLE NAME・・・顧客のフルネーム / 会社の代表者のフルネーム

・DATE OF BIRTH・・・誕生日

・NATIONALITY・・・国籍

・SEX・・・性別(Male:男性、Female:女性)

・CIVIL STATUS・・・民法上の身分(Single:独身、widowed:未亡人、Married:結婚している、Separated/Divorced:別居/離婚)

 

・HOME LANDLINE・・・家の固定電話

・MOBILE NUMBER・・・携帯電話の番号

・EMAL ADDRESS・・・メールアドレス

 

・PRESNT ADDRESS・・・現住所

・HOME ADDRESS・・・自宅住所(ここは、SAME AAS PRESENT ADDRESS:現住所と同じ、になっています。)

 

・CONTACT PERSON IN THE PHILIPPINES・・・フィリピンの連絡窓口

IN CASE OF AN OVERSEAS CLIENT, in the absence of a verifiable address abroad.

海外の顧客で、海外の確認可能な住所が存在しない場合。

 

HOME OWNERSHIP(家の所有権)については、

・Owned(Mortgaged)・・・所有している(抵当)

・Owned(Not Mortgaged)・・・所有している(抵当ではない)

・Renting・・・賃貸

・Living with Relatives・・・親戚と暮らす

・Company Provided・・・会社支給の

で、Owned(Not Mortgaged)になっています。銀行ローンでは無く既に支払っているので抵当ではありません。

 

・LENGTH OF STAY・・・滞在日数

なぜかこれが30年となっています。30年の所有権という意味なら正解かもしれませんが、私自身のフィリピン滞在日数だとすると間違っています。確認が必要です。

 

REASEN OF BUYING(Check all that apply)(購入理由、当てはまるものにすべてチェック)には、

・Upgrade・・・性能の向上を意味する言葉ですが、家の場合はどうなるのか?住み替え、引っ越しみたいな意味でしょうk。

・Halfway Home・・・調べると、中間にある宿屋、社会復帰訓練所と出てきます。よく分かりません。

・Vacation Home・・・別荘

・Investment(Rent)・・・投資(家賃):家賃収入目当ての投資ということだと思います。

・Investment(Resale)・・・投資(再販):転売狙いの投資ということだと思います。

・Relocate・・・引っ越し、移住用

・Gift to Children・・・子供への贈り物

・Retirement Home・・・老後に住むための家

・Investment(Addtl Property)・・・分からない。。。

・Others・・・その他

という項目があり、

Investment(Rent)にチェックが入っています。

 

 

EMPLOYER / PRACTICE / BUSINESS INFORMATION(雇い主 / 開業 / ビジネス情報)

・JOB TITLE・・・肩書、職名

・OFFICE ADDRESS・・・オフィスの住所

・INDUSTRY/SECTOR・・・業界/分野(これの選択項目については後述)

・OCCUPATION INFORMATION:業務情報(Employed:雇用されている側・勤め人、Self-Employed:自営業、Unemployed:失業者、Retired:退職者)は、なんとUnemployedにチェックが!失業者扱いされています、これは確認しなければなりません。

・BASE OF OCCUPATION:職業の拠点(Local:地元、Overseas:海外)

・LEVEL OF DESIGNATION if Employed:もし雇用されている場合は役職レベル(Executive:役員、Managerial:経営者、Supervisory:監督、Rand&File:平社員)

・TAXPAYER IDENTIFICATION NO. ・・・納税者番号

・PROFESSIONAL PROCTICE・・・士業

・GOVERMENT ISSUED ID・・・写真付き身分証明書の総称

・VALID UNTIL・・・~まで有効

 

 

SPOUSE INFORMATION(IF APPLICABLE FOR INDIVIDUAL BUYERS)

配偶者の情報(もし個人の買い手が該当する場合)、という意味です。

私に配偶者はいないので、NA(No Answer)となっています。

 

各項目は、既出のものの配偶者版と思って問題ないです。

 

 

INDUSTRY/SECTOR(業界/分野)

自身の職業について、業界/分野を選択する部分がありましたが、選択項目も和訳を以下に列挙します。

 

・Accounting/Bookkeeping/Tax Practice/Service・・・会計/簿記/税務/サービス

・Advertising/Marketing/Media Agency/Public Relations/Sales Activities・・・広告/マーケティング/メディア代理店/広報/営業活動

・Agriculture/Hunting/Forestry/Animal Farming/Fishing・・・農業/狩猟/林業/畜産/漁業

・Automotive・・・自動車

・Aviation・・・航空

・Business Process Outsourcing/Knowledge Process Outsourcing(e.g. Call Centres, Billing/Credit/Collections)・・・ビジネスプロセスアウトソーシング/ナレッジプロセスアウトソーシング(例えば、コールセンターや請求/債権/回収)

・Consultancy/Management・・・コンサルタント業/経営

・Construction(e.g. Arcitecture, Bullding, Plumbing, Electrical, Carpentry)・・・建設(例えば、建築、建物、電気工事業、大工)

・Education・・・教育

・Embassies/Foreign Consulates・・・大使館、外国人相談

・Employment/Manpower Agencies・・・雇用、職業紹介所

・Entertainment(e.g. Recreational/Cultural/Sports)・・・エンターテイメント(例えば、レクリエーション、文化、スポーツ)

・Financial Services(e.g. Banking, Insurance, Stocks, etc. )・・・金融サービス(例えば、銀行、保険、株式等)

・Fast Moving Consumer Goods・・・日用品

・Government・・・政府

・Healthcare/Medical・・・健康管理、医療

・Information Technology - Hardware/Software Services・・・情報技術(ハードウェア、ソフトウェアサービス)

・Legal Services・・・法的サービス

Maritime/Shipping/Shipbuilding・・・海上/船舶/造船

・Media(Print, Online, Radio, TV, etc)・・・メディア(出版、オンライン、ラジオ、テレビ等)

・Manufacturing(e.g. Food, Non-Food)・・・製造業(例えば、食品、非食品)

・Non-Government Organization/Foundation/Charities・・・非政府組織、基金、慈善団体

・Real Estate(e.g. Development, Sales, Leasing, etc)・・・不動産(例えば、開発、販売、賃借等)

・Religous Organization・・・宗教組織

・Telecommunications・・・電気通信

・Tourism(e.g. Hotels, Inns, Resorts, Tour Agencies, Restaurants)・・・観光(例えば、ホテル、旅館、リゾート、ツアー代理店、レストラン)

 

 

まとめ

書類を確認するといくつか不可解な点が出てきました。

これらについては早急に確認するようにします。

 

やはり海外不動産は気を付けなければならないことが多そうに感じました。

 

海外不動産(フィリピン不動産)購入時に気を付ける事についてまとめてあるサイトを見つけたので共有しておきます。

フィリピンで新古コンドミニアムを購入する際の注意点 | 海外レポート世界の街角お金通信 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン

 

登記、賃貸稼働までの道のりはまだ長そうです。